WEB診療予約

つるどめクリニック

WEB内視鏡予約 アクセス

つるどめクリニック

胃カメラ(胃内視鏡検査)

Endoscopy

胃カメラ(胃内視鏡検査)

胃カメラ(胃内視鏡検査)

胃内視鏡検査は、鼻や口からカメラを挿入し、食道・胃・十二指腸を直接観察する検査です。病変から組織を採取することで食道癌や胃癌の早期発見につながります。過去に辛くて苦しい内視鏡検査を体験された方もおられると思いますが、近年の内視鏡技術は格段に進歩しており、苦痛も少なく、より精密な検査を行うことが可能となっています。

胃内視鏡検査の種類

「経口内視鏡検査」と「経鼻内視鏡検査」があります。
もちろん当院は両方の検査が可能です。どちらで検査を希望されるのかはスタッフにお申し付けください。

経口内視鏡検査

カメラを口から挿入します。通常カメラ(9mm程度)を使用することで高画質での観察が可能となり、小さい病変を早期に発見することができます。カメラが舌の根元に触れると嘔吐反射がでやすいため、ご希望の方は鎮静剤で眠って検査を行えますのでご安心ください。

経鼻内視鏡検査

口ではなく鼻から細径カメラ(5mm程度)を挿入します。カメラが舌の根元に触れにくいため、嘔吐反射が少なく、楽に検査を受けることができます。通常鎮静剤を用いませんので検査後の自家用車運転が可能です。昨今経鼻内視鏡検査を希望される方が増えています。

胃内視鏡検査でわかる疾患

上部内視鏡検査では、食道癌、胃癌、十二指腸癌といった悪性腫瘍の他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった疾患の診断に有効です。

胃内視鏡検査にかかる費用

 健康保険1割負担健康保険3割負担
内視鏡検査(観察のみ)健康保険1割負担1,500円健康保険3割負担4,500円
内視鏡検査 + 病理組織検査健康保険1割負担3,000〜4,000円健康保険3割負担9,000〜12,000円

胃内視鏡検査の流れ

検査予約

事前に外来を受診していただくか、インターネットや電話でご予約ください。当院では胃カメラ前に貧血(赤血球数)、血小板数等の確認を行います。以前に検査をしていれば、その検査結果で代用しますので、検査結果をご持参ください。インターネットや電話予約の方で、検査日まで来院できない方は、当日血液検査を行います。
緊急性によっては当日の検査にも対応いたします。お電話いただき、食事をとらずに来院してください。

検査前日~当日

検査前日は、夜9時までに食事を済ませてください。それ以降は、お水やお茶などの水分は摂取していただけますが、牛乳などの濁る水分やジュースは避けてください。検査当日は朝食を摂らずにご来院ください。少量のお水やお茶は飲んでいただいて構いません。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 人間ドックや健診で異常を指摘された方はその検査結果
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳など内容がわかるもの

検査当日

1.受付
予約時間の15分前に来院してください。
2.問診
内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください。
3.診察
検査前に、診察を行います。
検査を行うにあたり、問題が無いかを確認します。
4.検査
胃の中の泡を消すお薬を飲んでいただき、喉もしくは鼻の麻酔を行います。
鎮静剤を希望される方は、眠って検査ができます。
内視鏡検査は力を抜き、リラックスして受けてください。
検査は5~10分で終わります。
5.検査終了後
検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。
鎮静剤を使用した場合は目が覚めるまで1時間程度ベッドで安静にしていただきます。
気分が悪い時は、お申し出ください。お休みいただいた後、検査後の注意事項の説明があります。
6.検査結果の説明
画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。

ピロリ菌の検査・除菌について

ピロリ菌は胃の中に生息する細菌で、胃癌や胃・十二指腸潰瘍の原因になることが知られています。
日本は先進国の中でも高い感染率を示し、日本に胃癌の発症率が高い原因と考えられています。
当院では内視鏡検査と同時にピロリ菌の検査も行うことが可能です。

検査方法

当院ではピロリ菌の感染検査として、胃カメラを行う際に胃の粘膜を採取して検査する方法の他に、呼気、血液で検査をすることができます。

除菌方法

ピロリ菌の感染が分かった場合は、除菌治療をします。
1種類の「胃酸の分泌を抑えるお薬」と、2種類の「抗菌薬」の合計3剤を1日2回、7日間服用する治療法です。
除菌率は100%ではありませんので、4週間以上経過してから、ピロリ菌が除菌できたかどうか、検査する必要があります。
ピロリ菌が除菌できなかった場合には、2種類の抗菌薬のうち1つを最初とは別の薬に変えて、2回まで除菌療法を行うことができます。