WEB診療予約

つるどめクリニック

WEB予約 アクセス

つるどめクリニック

大腸カメラ

Endoscopy

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

胃カメラ(胃内視鏡検査)

大腸内視鏡検査は、肛門からカメラを挿入し大腸内を直接観察する検査です。この検査により大腸ポリープ、大腸癌などを発見することができます。また、ポリープを認めた場合はサイズ・形態にもよりますが、ポリープ自体を切除して治療することも可能です。
大腸内視鏡検査は痛みを伴うのではと不安になられる方も多いかと思いますが、鎮静薬を使用することもできますので、苦痛を感じずに楽に検査を受けていただくことが可能です。
検査前の下剤を飲むのがつらいという方には下剤を飲まない大腸カメラも当院では行っております。どちらで検査を希望されるのかはスタッフにお申し付けください。

大腸内視鏡検査でわかる疾患

大腸ポリープや大腸癌以外にも潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸憩室症、痔といった疾患の診断に有効です。

大腸内視鏡検査にかかる費用

 健康保険1割負担健康保険3割負担
内視鏡検査(観察のみ)健康保険1割負担約2,000円健康保険3割負担約6,000円
内視鏡検査+病理組織検査健康保険1割負担約3,500〜6,000円健康保険3割負担約10,000〜18,000円
大腸ポリープ切除健康保険1割負担約7,000~8,000円健康保険3割負担約20,000〜25,000円

大腸カメラの流れ

事前診察、検査予約

当院では大腸カメラ前に感染症、末梢血、凝固系等の確認を行います。以前に検査をしていれば、その検査結果で代用しますので、検査結果をご持参ください。食事制限や検査の注意事項をご説明した後、大腸カメラの検査日を予約します。
インターネットや電話予約の方も検査日1週間前までには必ず来院をお願いしています。

検査前日〜当日

検査前日は、夜8時までに食事を済ませてください。それ以降は、お水やお茶などの水分は摂取していただけます。処方された下剤を夜9時に服用してください。
検査当日は朝食を摂らずにご来院ください。少量のお水やお茶は飲んでいただいて構いません。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 人間ドックや健診で異常を指摘された方はその検査結果
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳など内容がわかるもの

検査当日

1.受付
予定時間に来院してください。
2.前処置
トイレ付きの個室で準備を進めさせていただきます。
下剤(腸管洗浄液)の飲み方は当院スタッフよりお伝えさせていただきます。
準備完了後、検査着に着替えていただき、検査まで個室でお待ちいただきます。
3.検査
鎮静剤を希望される方は、眠って検査ができます。
検査は通常10~15分で終わりますが、ポリープ切除をする場合には30分以上かかることもあります。
4.検査終了後
検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。
鎮静剤を使用した場合は目が覚めるまで1時間程度ベッドで安静にしていただきます。 お休みいただいた後、検査後の注意事項の説明があります。
5.検査結果の説明
画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。