WEB診療予約

つるどめクリニック

WEB予約 アクセス

つるどめクリニック

下剤を飲まない大腸カメラ

Endoscopy

下剤を飲まない大腸カメラ

大腸内視鏡検査は、検査前に多量の下剤の内服が必要となります。下剤の味の問題や大量の液体を内服しなければならないことは患者様にとって大きな負担となります。そこで当院では、検査前の下剤が飲めない方のために、下剤を飲まない大腸カメラを行なっています。
方法は、胃カメラを使って、直接下剤(腸管洗浄液)を胃や十二指腸に投与する方法です。麻酔薬(鎮痛剤)で眠っている間に胃カメラを行い、下剤を胃や十二指腸に注入しますので、下剤を口から飲むことなく、腸に届けることができます。
これにより検査前の多量な下剤服用が不要となり、なおかつ口から内服した場合よりも排便回数がまとまって少なくなり、肛門への負担(出血・疼痛)も軽減されます。また前処置に要する時間も短くなり、それに伴い検査までの時間も短縮されます。
大腸カメラ前に胃カメラの検査が必須となります。検査の適応にはいくつか条件がありますので、医師とご相談ください。

  1. 胃カメラ検査施行

    胃カメラ検査施行
  2. 十二指腸で下剤注入

    十二指腸で下剤注入
  3. 胃で下剤注入

    胃で下剤注入

下剤を飲まない大腸カメラのメリット

  • 多量の下剤を飲まないで済む
  • 便がきれいになる時間が早くなり、肛門への負担も少ない
  • 1日で胃カメラと大腸カメラを受けることができる

下剤を飲まない大腸カメラのデメリット

  • 同時に胃カメラを受けなければいけない

下剤を飲まない大腸カメラの流れ

事前診察、検査予約

当院では大腸カメラ前に感染症、末梢血、凝固系等の確認を行います。以前に検査をしていれば、その検査結果で代用しますので、検査結果をご持参ください。食事制限や検査の注意事項をご説明した後、大腸カメラの検査日を予約します。

インターネットや電話予約の方も検査日1週間前までには必ず来院をお願いしています。

検査前日〜当日

検査前日は、夜8時までに食事を済ませてください。それ以降は、お水やお茶などの水分は摂取していただけます。処方された下剤を夜9時に服用してください。
検査当日は朝食を摂らずにご来院ください。少量のお水やお茶は飲んでいただいて構いません。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 人間ドックや健診で異常を指摘された方はその検査結果
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳など内容がわかるもの

検査当日

1.受付
胃カメラの予定時間の15分前に来院してください。
2.前処置
トイレ付きの個室で準備を進めさせていただきます。
準備完了後、検査着に着替えていただき、検査まで個室でお待ちいただきます。
3.検査
まずは鎮痛剤を使い眠っている状態で胃カメラを受けていただきます。胃カメラ観察後に、そのまま胃カメラを通して下剤を直接胃や十二指腸に注入します。胃カメラ終了後、10〜15分程度で鎮静剤の効果が切れて目が覚めます。目が覚めた後は大腸カメラの準備ができるまでトイレ付き個室でおくつろぎください。
下剤注入後30分程度で排便が開始され、1〜2時間程度で便がすべて排泄され、大腸カメラができる状態になります。
その後、鎮静剤を使って眠っている状態で大腸カメラを受けます。鎮静剤使用後、1時間程度簡易ベッドで安静にしていただきます。
検査は10~15分で終わりますが、ポリープ切除をする場合は、30分程度かかることがあります。
4.検査終了後
検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。
鎮静剤を使用した場合は目が覚めるまで1時間程度ベッドで安静にしていただきます。
気分が悪い時は、お申し出ください。お休みいただいた後、検査後の注意事項の説明があります。
5.検査結果の説明
画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。