WEB診療予約

つるどめクリニック

WEB内視鏡予約 アクセス

つるどめクリニック

内視鏡検査

Endoscopy

内視鏡検査

当院の内視鏡検査の特徴

  • 日本消化器内視鏡学会専門医による正確な診断が可能
    10,000件以上の内視鏡検査・治療の実績のある熟練した医師が責任を持って検査を行います。
  • 麻酔薬(鎮静剤)を使用し、苦痛の少ない検査が可能
    しっかりと効き、すっきりと目が覚める麻酔薬を使用しています。ただし当日の車の運転はお控えください。
  • 2Lの下剤を飲まない大腸カメラが可能
    「大腸カメラは検査前の下剤をたくさん飲むのがつらい」という方が多くおられます。当院では下剤を飲むのが苦手な方のために、胃カメラを使って直接十二指腸や胃に下剤を入れる方法も行っています。
  • 検査後の苦痛を軽減する工夫
    内視鏡検査中には、胃や大腸に空気を入れる必要があり、検査後のお腹の張りや不快感が生じます。当院では空気に比べて体内への吸収や排出がはやい炭酸ガスを使用することにより検査後のお腹の張りが大幅に軽減されます。
  • 胃カメラと大腸カメラを同じ日に検査することが可能
    胃カメラと大腸カメラの同日検査が可能です。同日検査の適応にはいくつか条件がありますので、医師にご相談ください。
  • トイレ付き個室(前処置室)完備
    大腸カメラの方は来院から検査までの準備をトイレ付き個室でゆっくり行っていただきます。他の検査の方とトイレを共用しませんので、自分のペースで気兼ねなく準備していただけます。
  • 日帰りの大腸ポリープ切除が可能
    大腸カメラ中にポリープが見つかった場合には、日帰りでポリープ切除ができます。