WEB診療予約

つるどめクリニック

WEB内視鏡予約 アクセス

つるどめクリニック

下剤を飲まない大腸カメラ

Endoscopy

下剤を飲まない大腸カメラ
(内視鏡的洗浄液注入法)

「下剤の味が苦手」「以前下剤を飲んだら吐いてしまった」「量が多くて飲むのが大変」「1日で胃と大腸の検査をしたい」と思われる患者さまにおすすめです

当院では胃カメラで下剤を十二指腸~胃の中に直接注入する方法をお勧めしています。飲むよりも吐き気が少なく、胃内の滞留時間が短いため腸内が早くきれいになり、検査にかかる時間が短縮できます。1日で胃と大腸の検査をすませたい方にもお勧めです。

メリット
  • 多量の下剤を飲まずにすむ
  • 腸内が早くきれいになるため検査にかかる時間が短縮できる
  • 1日で胃と大腸の検査ができる
デメリット
  • 胃カメラも受けなくてはいけない

検査手順

  1. 胃カメラ検査施行

    胃カメラ検査施行
  2. 十二指腸で下剤注入

    十二指腸で下剤注入
  3. 胃で下剤注入

    胃で下剤注入

検査の流れ

検査当日

スマートフォン
step1.検査予約
  • インターネットまたはお電話にてご予約ください(インターネット予約はこちら
  • 検査予定日までに一度診察にご来院ください。検査や食事制限についての説明・下剤の処方等をさせていただきます
  • 問診表を記入してご持参いただくと診察がスムーズに受けられます(問診表はこちら
前日の夕食は夜8時まで
前日の夕食は夜8時まで
step2.検査前日の食事と準備
  • 消化の良いお食事または検査食(院内で販売)を食べて水分を多めにとってください。
  • 夕食は午後8時までに食べ終わるようにしてください
  • 普段のお薬はいつも通り飲んでください
  • 午後9時に処方された下剤を服用してください
朝食は食べない
当日の朝食は食べないでください
step3.検査当日の準備
  • 絶食です。お茶またはお水のみ摂取可能です。普段のお薬は飲まないでください
  • 予約時間までに来院し受付をしてください
胃カメラ
step4.胃カメラ+前処置(下剤注入)
  • 胃の中の泡を消すお薬をのんでいただきます
  • 麻酔投与のための点滴ルートをとります
  • 呼吸や心拍のモニターを装着します
  • 麻酔を投与して検査を行い、下剤を注入します。生検等の処置がなければ10分程度で終了します
  • 検査終了後はリカバリールームで体を休めていただきます
検査
step5.前処置後
  • 麻酔が覚めたらトイレ付きの個室に移動し腸内がきれいになるまで待機していただきます
  • 下剤注入後1~2時間で腸内がきれいになり、大腸カメラができる状態になります

便の性状表

1初回の便
(固形状態)
便の性状表1
2泥状態
便の性状表2
3カスがある
便の性状表3
4透明感の
ある液体
便の性状表4

※④の状態になれば検査ができます。

検査
step6.大腸カメラ
  • 呼吸や心拍のモニターを装着します
  • 麻酔を投与して検査を行います。ポリープ切除などの処置がなければ15分程度で終了します

検査後

  • 検査終了後、麻酔が覚めたらトイレ付き個室で体を休めていただきます。
  • 検査結果の説明・注意事項などをお話しした後、帰宅です

検査予約前にご確認ください

  • 既往歴によっては注入法で下剤投与できない場合があります。診察時にご相談ください
  • 抗凝固剤(血液を固まりにくくサラサラにする薬)を内服中の患者さまは出血が止まらなくなる恐れがありますので、診察時にお申し出ください

検査の費用

健康保険1割負担 健康保険3割負担
内視鏡検査(観察のみ) 約3,000~3,500円 約9,000~10,500円
内視鏡検査+病理組織検査 約4,500~8,000円 約13,500~24,000円
大腸ポリープ切除 約7,500~12,000円 約22,000~36,000円